Value Added Factory工場に付加価値を
三相交流発生装置 MDAC-5A

試験工程をスマートに MDAC-5A

MDAC
32年目の挑戦

32年のご愛顧に
心から感謝申し上げます。
お客様の信頼とご支援が、
さらなる成長と発展への
励みとなっております。
これからも価値ある製品と
サービスを提供できるよう
努めてまいります。

特長FEATURE

高圧受配電盤、その他機器の調整、検査、試験用電源に最適です。

高圧受配電盤、その他機器の調整、
検査、試験用電源に最適です。

単相(Worldwide)電源から三相の電圧・電流を発生させる
試験用三相交流発生装置です。

  1. POINT01

    試験工程の時間短縮を実現

  2. POINT02

    電流・電圧・周波数・位相を独立して設定可能

  3. POINT03

    操作性に優れ取扱いが非常に簡単

  4. POINT04

    コンパクト22kgへの軽量化を実現

仕様SPEC

  • 配電盤、計器、トランスデューサー、その他計器の校正、及びループチェックを簡単に行うことができます。

    配電盤、計器、トランスデューサー、その他計器の校正、及びループチェックを簡単に行うことができます。

  • 発電機並列運転に置ける負荷分担制御装置の試験を簡単に行うことができます。

    発電機並列運転に置ける負荷分担制御装置の試験を簡単に行うことができます。

電圧側出力
(線間・左側出力端子)
出力範囲 0〜220V(線間電圧)平衝三相出力
出力容量 381VA=127VA(127Vmax、1Amax)×3
出力精度 ±1%FS(表示値に対する出力値)
出力安定度 ±2%FS
波形歪率 2%(無負荷時、200Vまで)
時間定格 0〜220V連続 ※出力保護回路付 (短絡保護)
機構 出力ON/OFFスイッチ付(各相)
電流側出力
(相電流・右側出力端子)
出力範囲 0〜20A(線電流) 平衝三相出力
出力容量 三相出力:120VAmax(40VA×3)(相電流=20Amax、相電圧=2Vmax)
出力精度 ±1%FS
出力安定度 ±2%FS
波形歪率 0.5%(無負荷時)
時間定格 0〜9.99A 連続、10A〜20A 30分
周波数 可変範囲 40.00〜69.99Hz(0.01Hzステップ)
出力精度 ±0.5Hz
位相(V-I)間 可変範囲 Lag180°〜Lead180°(1°ステップ) (電圧を基準とし、電流の位相を可変)
各相間位相 120°固定
出力精度 ±1°以内  ※位相反転機能付
入力電源 単相AC100V〜240V±10%(45〜65Hz)、接地型2P 15Aプラグ
消費電力 MAX1500W
外形寸法(w×h×d) 420mm×244mm×460mm(本体のみ、突起物を含まず)
質量 約22kg(本体のみ)
オプション 搬送用ケース

搬送用ケース

オプション品
耐久性・耐衝撃性・防塵性・気密性・防水性に優れたケースです。堅牢な保護と安全な搬送でMDACを守ります。保管にも最適です。
搬送用ケース

無料貸出も可能です。
まずはお気軽に
お問合せください。

導入実績CUSTOMER

  • オリックス・レンテック株式会社
  • 光和電気株式会社
  • 株式会社修電舎
  • 東研電機株式会社
  • 三菱電機プラントエンジニアリング株式会社
  • 株式会社ムサシインテック

(一例、五十音順)

全国各地30社以上導入実績あり

全国各地 100社以上 導入実績あり

1992年の発売開始から30年以上にわたり
多くのお客さまのご要望に応え続け
全国各地でシリーズ累計800台以上を
導入いただいております。

お客様の声VOICE

株式会社修電舎

宮崎県延岡市

購入検討のきっかけ
配電盤メーカーの仕事を請けた際に、検査装置として貸与されMDACを知りました。弊社もMDACを導入したいと考え、購入検討に至りました。
購入理由
作業改善が目的です。自社用として2015年に1台目を購入しました。1台をフル活用しておりましたが、故障時のリスクを考慮し2台目を購入しました。
主要製品/用途
マルチメータ用の配電盤製作と出荷前検査に使用しています。

MDACの導入により、仕事の効率が各段に良くなりました。これ1台で出荷検査がまかなえます。電圧・電流・位相・周波数と、今ではこれ無しで仕事が出来ません。他の検査機種も検討しましたが、多機能すぎて高価。使い勝手もMDACで満足しています。

株式会社修電舎様

光和電気株式会社

広島県広島市

購入検討のきっかけ
購入検討時の経緯は不明ですが、1993年にMDAC-4を購入しました。以降、30年来MDACシリーズを使用しています。
購入理由
作業改善が目的です。MDAC-4の老朽化に伴い、後継機MDAC-5Aも購入しました。
主要製品/用途
官公庁ビルの受電設備・キュービクル等・高負荷仕様の分電盤・制御盤製作などを行っています。

周波数を変えられること、電圧の端子選択入切スイッチがあることが便利です。メーターを振る試験には必需品です。

光和電気株式会社

東研電機株式会社

埼玉県川越市

購入検討のきっかけ
購入検討時の経緯は不明ですが、5年ほど前にMDAC-4Aを購入しました。
購入理由
自社で手作りした虚負荷電源で検査していましたが、精度に問題があり購入しました。
主要製品/用途
キュービクル式高低圧受配電盤や、分電盤・プラント計装盤・制御盤の製作を行っています。

MDAC-4Aを使用中ですが、最近の仕事は盤自体が大きく、電流・電圧も大きくなっているのでMDAC-5Aの購入を検討しています。

東研電機株式会社

よくある質問FAQ

電流デジタル表示の桁数に小数点1位から2位までほしいのですが、表示可能ですか?
特殊仕様で表示可能です。
MDAC-5Aは単相3線出力は可能ですか?
特殊仕様で対応可能です。
MDAC-4はヒューズがあるが、MDAC-5Aにはヒューズは無いのですか?
ヒューズはありませんが、電圧出力保護機能がついております。HVの点灯ランプがあり、過電流の異常検出時に点灯します。
電圧保護機能を無効にすることは可能ですか?
特殊仕様で電圧保護機能無効の設定が可能です。
PROTECT ON(有効) / OFF(無効)
MDACの結線はどうなっていますか?

電圧出力はデルタ結線(Δ結線)です。電流出力はスター結線(Y結線)です。

スター結線(Y結線)
MDAC-4AとMDAC-5Aの違いは何ですか?

出力範囲と重量に違いがあります。

【MDAC-4A】
  電圧出力範囲:0~160V
  電流出力範囲:0~5A
  質量:約14kg

【MDAC-5A】
  電圧出力範囲:0~220V
  電流出力範囲:0~20A
  質量:約22kg

開発ヒストリーHISTORY

「現場へ手軽に持ち運びできる
コンパクトなものを作って欲しい。」
「検査環境の構築が重労働。
(8機種計器 (総質量70kg)
相当の運搬とその配線) 」
「電源は商用単相100Vに
して欲しい。」
そんな声からMDACの
開発は始まりました。

1990

三相虚負荷試験装置の開発開始

1992

MDAC-4 開発完了、出荷開始

ユーザー様に笑顔を

ポータブル三相交流発生電源誕生。

仕様
入力AC100V/出力3φ120V/3φ5A/20kg程度
達成
試験環境設備の軽量化:試験環境設備 〈8機種計器〉総質量 70kg
→ MDAC-4 〈1機種〉20kg程度
120V直流スイッチング電源開発

出荷と並行して、ユーザー様に使用感・要望をヒアリング

改良版 MDAC-5 の開発開始

1993

MDAC-5 開発完了、出荷開始

作業効率の改善と品質の追求

お客様の声を元に性能向上を図る。

仕様
入力AC100V/出力3φ200V/3φ20A/35kg程度
達成
分電盤、配電盤の電力にあわせて出力増強を図る
電子計測器メーカーのムサシインテック様よりOEM生産の依頼をいただく
2000

MDAC-6 開発開始

2001

MDAC-6 開発完了、出荷開始

需要とのミスマッチ

シリーズ最高仕様を誇るも、
オーバースペックによる需要と供給のミスマッチに直面する。

仕様
入力AC100V/出力3φ220V/3φ22A/22kg
達成
信号処理にDSPを用い、出力精度向上および自動校正の機能を追加
シリーズ最高機能の実装を誇る
精度とコストの需要と供給がマッチせず拡販には至らず
2009

使用部品の生産中止に伴い MDAC-5A 開発開始

2010

MDAC-5A 開発完了、出荷開始

試験工程をスマートに

ユーザー様の声と、ものづくりの原点に立ち戻り、
300台を超えるロングセラー製品へと成長する。

仕様
入力AC100〜240V/出力3φ220V/3φ20A/22kg
達成
出力10%アップ 欠相スイッチ追加
部材、構造見直しによる軽量化:MDAC-5_35kg→MDAC-5A_22kg
特殊仕様として電圧保護切替えスイッチ追加、位相設定0.1°ステップで可変可能に
2013

使用部品の生産中止に伴い MDAC-4A 開発開始

MDAC-4A 開発完了、出荷開始

仕様
入力AC100~240V/出力3φ160V/3φ5A/14kg
達成
専用基板開発により精度向上と軽量化:MDAC-4_18kg→MDAC-4A_14kg
2024

MDAC-5A 今もなおご好評いただいております

MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー
MDAC 開発ヒストリー

現在JavaScriptが無効になっています。
お問合せフォームを利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。

お問合せはこちら

  • 01.入力
  • 02.確認
  • 03.完了
  • お問合せの際は「個人情報保護方針」をお読みになり、同意の上ご入力ください。
  • 送信ボタンの押下をもって弊社の個人情報保護方針に同意されたものとみなします。
  • 電話番号欄には、必ず連絡の取れる電話番号(自宅もしくは携帯番号)をご入力ください。
  • 回答に時間がかかる場合がありますので、お急ぎの方はお電話(097-583-5541)にてお問合せください。
  • 返信メールをお受取りいただけるよう、受信設定(迷惑メール設定)等をお確かめください。
  • 受信設定等をされている場合は、@vaf-dkn.jp、@dkn.co.jpドメインのメールを受信できるようにしてください。
  • 万一こちらから返信がない場合は、大変お手数ですが再度ご連絡ください。
必須会社名
必須都道府県

必須ご担当者名
必須メールアドレス(半角英数字)
必須電話番号
必須お問合せ種類

任意システム・ソリューション事業部の
メールマガジン購読
必須お問合せ内容

このサイトはreCAPTCHAによって
保護されており、
Googleのプライバシーポリシー利用規約
適用されます。

お問合せはこちら